バナー

がん検診で早期発見できる悪性腫瘍

がん検診を行う事によって、悪性腫瘍の早期発見が行えます。

がんは初期の段階では自覚症状が無い事が多く、知らない間に増殖を続けて体を蝕んでいきます。

サイレントキラーと呼ばれる臓器も人体に有り、がんが末期状態になるまで自覚症状が無いケースがあります。

肝臓や膵臓は痛みを感じる神経が無いため、異常を感じて病院に行っても手立てがない場合があります。
それを防止するためには、がんが小さい初期段階の内にがん検診を受診して見つける必要があります。

がん検診にはいくつかの検査方法があり、内視鏡カメラを使った検査や、超音波エコーを利用した検査、CTスキャンを利用した検査などが有ります。



食事制限が発生する検査もありますが、身体への負担は軽くなっています。



受診しやすく、命に係わる病気の早期発見ができるので、年齢や病歴に応じた適切な間隔でがん検診を受ける事が重要です。
特に20代や30代で発生する若年性のがんは進行が速く転移をしやすいので、注意が必要です。
男性特有の前立腺がんや女性に多い乳がん、女性特有の卵巣や子宮頸がんも日本人の食生活が欧米化になるにつれ増加しています。

乳がんの場合、しこりが自分で触って分かるくらいの大きさになってしまうと、高い確率で1cmを越えていて、血管やリンパ管を侵襲している可能性があります。
しこりがないからと言って安心せずに定期的ながん検診を受ける必要があります。

検査することによって助かる命が多くあります。